Hirose Beetle.

Total Beauty

前へ
次へ
働きながら美容師免許を取得

リーズナブル×最速デビュー

学びながら実際のサロンワークも身に付く職業訓練校のカリキュラム

職業訓練校の利点は、職業訓練校テクニカルスクールで学びながら 店舗勤務を通して実務経験を重ねることにより 一足早くスタイリストデビューすることが可能なことです。

また、美容専門学校の(昼間課程)に進学をすると 授業料だけで200万円以上が必要になりますが、通信教育だと60万円で済むことです。働きながら学びますから 通信教育費も自分のお給料から支払うことができます(月4万円/15ヶ月お給料から支払い)。つまり 金銭的な負担を小さくしながら、さらに美容師として早く活躍できることにあります。

✑詳細を見る<PDF>

週2日間の昼間スクール

週2日、営業時間内に訓練校で学科と実習を受講できる

美容師を目指される方は、入社後1年間は 毎週水・木曜日に研修所で職業訓練を行います(年間約90日間)。美容業に必要な基礎的な知識及び 技術を身につける訓練で、国家試験に対応した教科の学習と、アシスタント業務必要な技術のレッスンで構成されます。

年間スケジュールに基づいた技術レッスン

国家試験の実技で課題として出題されるのは、レイヤーカット技術、そしてワインディング技術またはオールウェーブセッティング技術のいずれかです。 美容師にとって必要な技術は、その他にも多くありますが出題されません。したがって 美容専門学校で習う技術はレイヤーカット、ワインディング、オールウェーブセッティングが中心となり、その他の技術については 美容室に就職した後に習得することになります。

美容専門学校を卒業し、美容師免許を持って美容室に就職しても、アシスタントとしての期間が必要になってくるのは、このような事情があるからです。

✑詳細を見る<PDF>

年間予定で充実ライフ

年間の日程が決まっているからレッスンもプライベートも予定を立てやすい!!

職業訓練校テクニカルスクールは、年間日程が事前に配布されるので 技術レベルアップを図る目標やレッスンの予定、プライベート予定などが立てやすく、 充実した1年間を過ごせるようになっています。

休日は月曜日の数に2日を足した数がその月の休日日数となるため、1ヶ月に6日または7日の休日があります。 さらに、夏季休暇や、リフレッシュ休暇、年末年始休暇などもあります。

✑例を見る<PDF>

これから美容師を志す皆さんへ

廣瀬壽美雄 美容師になるためには、美容専門学校の昼間課程または通信課程(通信教育)を修了する必要があります。そして美容師国家試験の受験資格を取得するという行程を踏まなければなりません。

昼間課程と通信課程の違いは、専門学校へ進学して学ぶか、働きながら通信教育で学ぶかの違いです。美容師にとって免許取得は基本条件となりますが、美容師の本質は免許取得だけではありません。その力が現場で通用することが大切になってきます。

ヒロセビートルでは、現場サロンに対応できる美容師育成を目指し、通信教育を受講しながら、滋賀県認定の職業訓練を通して必要な知識と技術を身に付け、さらに現場サロンで生の経験を積み重ねていただくことができます。

「美容師を目指される方の夢が形となるようにお手伝いが出来れば…」
この思いから、職業訓練校テクニカルスクールを設立しました。

美容師を目指そうとされる方の大きな味方になれるものと信じています。

職業訓練校テクニカルスクール
校長 廣瀬 壽美雄

基本方針 — Technical school

  • テクニスカルスクールは学校ではなく、職業訓練の場である。
  • テクニカルスクールでの職業訓練は、サロンでの営業活動と同じである。
  • 営業活動に対応できる実践的な知識と技術を身に付ける場である。
  • 職業訓練と通信課程を通して、美容師国家試験に合格する。

ヒロセビートル

Hirose-Beetle

  • リクルート
  • ママ美容スタッフ募集
  • 美容職業訓練校
  • twitter
  • facebook
  • pinterest
  • instagram
  • Youtube
ページのトップへ戻る