スカルプドクター [Hirose-Beetle]

16年の毛髪研究でついに解明!!

ESPトリプル処方

発毛に最強な3つの成分を融合!!
満足度93%の新発毛メカニズム


3つの成分で毛根が甦る!【ESPトリプル処方】

ESPトリプル処方とは、「EGF・FGF」「シアル酸」「プラセンタエキス」の3つの成分を融合した処方です。

【ESP・FGF】

EGF・FGFは、もともと人の体内にある成分で新しい細胞を作り出す働きを持っています。これらが毛根の細胞を活性化し、毛髪の生成を促します。(ツバメの巣、プラセンタにも含まれています)

【シアル酸】

シアル酸は中華の高級食材として知られるツバメの巣の成分です。IGF-1の生成や頭皮の血行促進などの効果があることが明らかになりました。

【プラセンタエキス】

プラセンタとは哺乳動物の胎盤のことです。EGF・FGF、シアル酸をはじめとした髪に必要な栄養素を豊富に含んでいます。


EGF・FGFやシアル酸は、頭皮の知覚神経を刺激することで、IGF-1※という物質を増加させ、毛髪の生成を促す働きがあります。 プラセンタエキス(胎盤)はこれらEGF・FGF、シアル酸が含まれているだけでなく、炎症を抑えて頭皮環境を整える働きや 脱毛症の原因となるストレスを緩和する働きを持っています。

※IGF-1とは? IGF-1(インスリン様成長因子)は、休眠している毛根(毛母細胞)や周囲の細胞に働きかけて分裂を促進し、発毛を促す成長因子の一種です。

トリプル処方 安心して通える3つの理由

ホームページへ戻る

ページトップ

Copyright(c) 2004- Hirose-Beetle All Rights Reserved.